館林市についてABOUT

災害が少なく、豊かな自然!!

防災拠点造成予定

◯ 内陸にあり少ない自然災害

◯ 関東で最も低い地震発生リスク

◯ 良質で豊富な水資源

 地震や台風など自然災害が少なく、工場や物流拠点施設をはじめとする様々な産業施設の立地に有利な条件を備えています。
 東海地方や首都圏などにおける大震災発生時の本社機能やデータセンターなどのバックアップ拠点としても、多くの企業に選ばれています。

 日照時間の長さが全国4位と上位に位置しています。降雪量も平野部では比較的少なく、安定した操業が可能です。

都心への優れたアクセス!!

◯ 東京へは64km(群馬県内で最も接近)

◯ 東西南北への高速道路整備。「群馬県の東の玄関」ともいわれる。
 (東北自動車道館林IC有り。北関東自動車道への接近。)

多様な産業集積(製造業)!!

◯ 日本標準産業分類製造業24種類のうち23業種が集積

◯ 11の館林市内の工業・産業・流通団地に124の企業が進出

頑張る企業を応援します!!

 館林市は良質な水と肥沃な大地の恩恵を受け、古くから地域の農産物を活用した醤油醸造業(正田醤油)や製粉業(日清製粉)が発展してきました。また、麺(うどん)の製造が地域生活に密着した食品加工業として発展し、食料品製造業が現在の館林市産業の柱です。
 そして、工業団地造成に伴って、機械金属関連企業の誘致のほか、食料品、飲料などの企業進出もあり、生産額は食料品が第1位と「飲食料品工業のまち」になっています。

 さらに、機械金属工業の分野では、戦中の中島飛行機や館林工機の技術者等が市内で起業した金属加工業が館林市の工業の一方の柱となり、輸送機器(自動車)関連、電気機器(家電)関連、注射針管などの精密管製造業などが本市機械金属工業の中心となっています。

問い合わせ :
館林市役所経済部産業政策課
住所:館林市城町1-1  TEL:0276-72-7411【内線204】
 協 力  :
群馬県工業振興課・群馬県産業政策課
館林行政県税事務所・館林商工会議所